2016年06月22日

ドングリの標本函(ブナ科の木の実の標本函)01

【ドングリの標本函/ブナ科の木の実の標本函】

ng00160a06_01.jpg

ng00160a06_06.jpg

ng00160a06_03.jpg

ng00160a06_05.jpg

ng00160a06_07.jpg

ng00160a06_04.jpg

ng00160a06_08.jpg

ng00160a06_02.jpg

ng00160a06_09.jpg

ng00160a06_10.jpg

ng00160a06_12.jpg

ng00160a06_11.jpg

ng00160a06_13.jpg

ng00160a06_14.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.

ドングリの標本函(ブナ科の木の実の標本函)
付属:ドングリの名前一覧表(和名/学名)
サイズ:標本箱:約 370×270×60 mm(台紙入り)
入り数:22 種(ドングリ)、押し葉:1種(チリメンガシの葉)
総重量:約 1050 g
原産国:日本
すべて日本に自生する22種

日本に自生する22〜24種ほどのドングリを中心に、ほぼ全てのドングリを自分で採取して、足掛け3年ほどかけて制作した「ブナ科の木の実(どんぐり)の標本函」です。
私自身が購入したいと探していましたが、どこにも存在しなかったため制作しました。日本の職人さんが作った標本箱に、木の呼吸を妨げない自然派の塗料を塗って仕上げました。
ドングリは身近な木の実だと思われがちですが、本当に見たことがありますか?
どこか異彩を放ち、自然の創り出す造形美とドングリ独特の可愛らしさがとても美しいです。

日本のドングリの王様「オキナワウラジロガシ」、本土では手に入らない「オキナワジイ」、絶滅が危惧されている「ハナガガシ」、未だ種類判定の論議の続く「フモトミズナラ」、関東ではほとんど見付けられず、唯一秋に花を咲かせる「シリブカガシ」、オキナワウラジロガシにも負けない最大級の「マテバシイ」、大粒の「カシワ」、キレイな殻斗の「アベマキ」、「ツクバネガシ」よりも大きな「アカガシ」、ドングリの異端児「ウバメガシ」、亜種変種の「チリメンガシ」、食べると美味しい「ツブラジイ」と「スダジイ」、東京では「シラカシ」ばかりで意外と見付けられない「アラカシ」などなど、身近な木の実だと思われがちなドングリですが、その多様性や特長など、それぞれ話題にも事欠きません。また同じ種でも、個体差や亜種変種が多いこともドングリの面白いところです。
色や形、同じものは二つと存在しない永久保存盤の大人のインテリアとして、また一家に一つ、学校に一つ、是非、子供達にも見てもらいたいです。

名称:オキナワウラジロガシ
学名:Quercus miyagii
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:鹿児島県の奄美大島から沖縄県の西表島までの非石灰岩土壌のみに分布する日本(南西諸島)固有種。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:オキナワジイ(イタジイ)
学名:Castanopsis sieboldii subsp. lutchuensis
分類:ブナ科 シイ属
原産/分布:奄美大島、徳之島、沖縄島、久米島、石垣島、西表島、与那国島などの奄美群島以南に分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:ウラジロガシ
学名:Quercus salicina
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:日本では本州(宮城県・新潟県以西)、四国、九州、沖縄に分布し、朝鮮半島南部や台湾にも分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:スダジイ
学名:Castanopsis sieboldii
分類:ブナ科 シイ属
原産/分布:日本の本州(福島県と新潟県以南)、四国、九州、沖縄と韓国の済州島などに分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:ツブラジイ
学名:Castanopsis cuspidata
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:日本の本州(関東南部以西)、四国、九州と朝鮮半島南部に分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:フモトミズナラ
学名:Quercus serrata Murray subsp. mongolicoides
学名:Quercus crispula Blume var. mongolicoides
分類:ブナ科 コナラ属(コナラ亜属)
原産/分布:これまでモンゴリナラと呼ばれていたものは、本州(岩手県、宮城県、福島県、栃木県、山梨県、福井県、愛知県、岐阜県、島根県など)の限られた地域に分布。フモトミズナラは、ミズナラよりも低地に分布。
ドングリ:1年成(落葉樹)

名称:ミズナラ
学名:Quercus crispula
分類:ブナ科 コナラ属 (コナラ亜属)
原産/分布:南樺太・南千島から北海道、本州、四国、九州(鹿児島県が南限)の冷温帯に分布。
ドングリ:1年成(落葉樹)

名称:ナラガシワ
学名:Quercus aliena
分類:ブナ科 コナラ属 (コナラ亜属)
原産/分布:日本では本州(秋田県と岩手県以南)、四国、九州に分布し、朝鮮半島、中国、インドシナからヒマラヤにかけても分布。
ドングリ:1年成(落葉樹)

名称:アカガシ
学名:Quercus acuta
分類:ブナ科 コナラ属 アカガシ亜属
原産/分布:日本では本州(宮城県・新潟県以西)、四国、九州に分布し、朝鮮半島南部や中国、台湾にも分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:ツクバネガシ
学名:Quercus sessilifolia
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:日本では宮城県・富山県以西の本州、四国、九州と台湾などに分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:イチイガシ
学名:Quercus gilva
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:日本の本州(関東以南)太平洋側、四国、九州と朝鮮(済州島)や中国、台湾に分布。
ドングリ:1年成(常緑樹)

名称:カシワ
学名:Quercus dentata
分類:ブナ科 コナラ属(コナラ亜属)
原産/分布:日本では、北海道、本州、四国、九州。アジア東南部、中央アジアに分布。
ドングリ:1年成(落葉樹)

名称:アベマキ
学名:Quercus variabilis
分類:ブナ科 コナラ属(コナラ亜属)
原産/分布:日本では本州(山形以西、主に関東以南)、四国、九州の山地などに自生。中国、台湾、朝鮮半島にも自生。
ドングリ:2年成(落葉樹)

名称:クヌギ
学名:Quercus acutissima
分類:ブナ科 コナラ属(コナラ亜属)
原産/分布:日本では本州(岩手・山形以西)、四国、九州、沖縄の丘陵〜山地などに広く分布。東アジア(朝鮮半島、中国)などにも分布。
ドングリ:2年成(落葉樹)

名称:クリ
学名:Castanea crenata
分類:ブナ科クリ属  
原産/分布:日本、朝鮮半島南部原産。ほぼ日本全国に分布。
ドングリ:1年成(落葉樹)

名称:マテバシイ
学名:Lithocarpus edulis
分類:ブナ科 マテバシイ属
原産/分布:関東以西の本州、四国、九州、沖縄に分布する日本固有種。もともとの自生地は九州から沖縄のみとされる。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:シリブカガシ
学名:Lithocarpus glabra
分類:ブナ科 マテバシイ属
原産/分布:日本では近畿地方以西の本州、四国、九州、沖縄に分布し、中国南部や台湾にも分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:ハナガガシ
学名:Quercus hondae
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:九州の宮崎県、大分県、熊本県、鹿児島県と四国の愛媛県、高知県のごく限られた地域にのみ分布する希少な日本特産種。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:コナラ
学名:Quercus serrata
分類:ブナ科 コナラ属
原産/分布:日本の北海道、本州、四国、九州と朝鮮半島、中国に分布
ドングリ:1年成(落葉樹)

名称:アラカシ
学名:Quercus glauca
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜属)
原産/分布:日本の本州(宮城県以西)、四国、九州、沖縄と、韓国(済州島)、中国、台湾やインドシナからヒマラヤにかけてのアジア東南部に広く分布。
ドングリ:1年成(常緑樹)

名称:シラカシ
学名:Quercus myrsinifolia
分類:ブナ科 コナラ属 (アカガシ亜)
原産/分布:日本の本州(福島以西)、四国、九州と朝鮮、中国、台湾に分布。
ドングリ:1年成(常緑樹)

名称:ウバメガシ
学名:Quercus phillyraeoides
分類:ブナ科 コナラ属 (コナラ亜属)
原産/分布:日本では本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄の一部に自生し、朝鮮、中国などにも分布。
ドングリ:2年成(常緑樹)

名称:チリメンガシ(葉)
学名:Quercus phillyraeoides cv. Crispa
分類:ブナ科 コナラ属 (栽培品種)
ドングリ:2年成(常緑樹)

Natural Gallery Official Shop
http://ngallery.theshop.jp/

Instagram
http://instagram.com/naturalgallery1968


posted by NG at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Interior Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ドングリ

kashiwa2015_02.jpg
大粒のカシワとシリブカガシ

kashiwa2015_00.jpg
カシワ

okinawaurajirogashi_03.jpg
オキナワウラジロガシ

akagasi01.jpg
アカガシ

naragashiwa_01.jpg
ナラガシワ

abemaki_01.jpg
アベマキ、クヌギ、カシワ

redoak.jpg
レッドオーク、ピンオーク

redoak160125_01d.jpg
レッドオーク

fumoto160124_01.jpg
フモトミズナラ

shiribuka05.jpg
シリブカガシ

matebashi01.jpg
マテバシイ

ng00092a02_02.jpg
バロニアオーク

acorn160802_03.jpg
どんぐりの標本

acorn160802_01.jpg
どんぐり乾燥中

Nuttall_oak_Quercus_nuttallii_01.jpg
ヌットールオーク

scarlet_oak_01.jpg
スカーレットオーク

chirimengashi161004_01.jpg
チリメンガシ

buna_01.jpg
ブナ

inubuna_01.jpg
イヌブナ
※ Natural Gallery All rights reserved.


現在、足掛け4年に渡るドングリの標本箱を制作中で、2015年採取のドングリの中から、割れなどから生き残ったドングリと帽子(殻斗)の組み合わせ作業中ですが、これがプラモデル作りや生け花、そしてジグシーパズル状態でなかなか進まないですね。

ドングリは、大きく分けて1年成りと2年成りがあります。
毎年秋に実が成るのを1年成り、実が二年に1回しか実らないものを2年成りと言います。

ドングリ拾いをしようと思ったら、ネットや本などで調べられるだけ調べたら、あとは実際にあちこちに出掛けて探すしかありません。珍しいドングリは、その木が生えているところを探すのも至難の技です。もちろん木に名前が書いてあることは稀なので、その木が目的のドングリの木なのか判断するのにも経験や知識が必要になります。また、やっとその木を見付けても、それが2年成りだと、採取できるのは更に1年後になります。しかもその1年後にも採取できるかどうかは不明。ちゃんと実るのか(ブナなど、何年も実らないこともあります)、落下して芽が出てしまったり、腐ったりする前にいいタイミングでその場に行って採取できるか、また、それらを餌にしている動物たちとの争奪戦ですが、それより何よりドングリを拾う人々(人間)との争奪戦です。例えば、知られた公園などに生えているレッドオークなどは、厳しい争奪戦が待っていて、私も満足に拾えたためしがありません。

これらを全てクリアして、満足のいくドングリを手に入れたとしても、それからもかなり大変です。
それぞれ一つずつ水洗いしたあと、熱湯消毒や冷凍殺菌などした後、基本的に1〜2年ほど日陰干します。完成品には帽子(殻斗)が必要なので、これらも一緒に採取しておいて、これも洗って日陰干しして保存する必要があります。

ドングリにはかなりの確率で虫がいますので、しっかりと処理しないとご家庭では大騒ぎのもとになります。また、乾燥させる過程でカビの発生も問題です。私も集めはじめた頃は、虫とカビの発生に随分悩まされました。
更に、乾燥の過程でツブラジイ、クヌギ、アベマキなどなど、ほとんどのドングリは全体の80%ほどが割れてしまうので、そもそも最初に大量に保存する必要もあります。標本にするために、ラッカーなど強い化学薬品などは使えないので、ものによっては一つ一つ天然の蜜蝋クリームを塗っては拭き取ることを繰り返しながらゆっくり乾燥させます。

そして1年ほどして乾燥が終わったら、生き残ったドングリと帽子(殻斗)の合わせの作業に入れます。
ドングリも帽子もそれぞれ乾燥する過程でだいぶ収縮するので、それを一つ一つ合わせてみて、より自然に見えるものを接着作業していきます。
採取する時から数えると、毎年、数万回、数十万回もドングリを触ったことに自分でも驚きます。調査、採取、洗浄や乾燥保存、そして制作にはその何倍もの時間と体力を費やす必要があるので、採取する時が一番楽しい木の実ですね。

身近な木の実だと思われがちですが、絶滅に危機に瀕していくものや、数が少なく見付けるのが困難なものも多く、日本に自生するとされるドングリを集めた標本もほとんど存在していないので、「ドングリの標本函」はとても貴重なものと言えますし、自然のものなので同じものが存在しない世界に一つの作品です。

Natural Gallery Official shop
http://ngallery.theshop.jp/
posted by NG at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | acorn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

Pinecone Fire Starter

【Pinecone Fire Starter】
ng00014w01_02.jpg

ng00014w01_03.jpg

ng00014w01_04.jpg

ng00014w01_07.jpg

ng00014w01_08.jpg

ng00014w01_06.jpg

ng00014w01_09.jpg

ng00014w01_10.jpg

ng00015w01_01.jpg

ng00015w01_02.jpg

ng00015w01_03.jpg

ng00015w01_05.jpg

ng00015w01_06.jpg

ng00015w01_07.jpg

ng00015w01_08.jpg

ng00015w01_09.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.

本物のクロマツとテーダ松を使用したハンドメイドの「松ぼっくりのファイヤースーターオーナメント」です。
インテリアグッズとしてやクリスマスのオーナメントとして、またローソク用の芯を使用していますので、薪ストーブ専用の着火補助の種火としてもお使いになれます。

※これはキャンドル(ローソク)としては使用できませんのでご注意下さい!!
また、全体に鑞が付いていますので、バーベキューなどの食品を焼く場合の種火には向きません。

Natural Gallery Official shop
http://ngallery.theshop.jp/


posted by NG at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Interior Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

Botanical Bottle “Brachychiton”

【Botanical Bottle “Brachychiton”】
ng00136a06_04.jpg

ng00136a06_01.jpg

ng00136a06_02.jpg

ng00136a06_03.jpg

ng00136a06_05.jpg

ng00136a06_09.jpg

ng00136a06_06.jpg

ng00136a06_07.jpg

ng00136a06_08.jpg

ng00136a06_11.jpg

ng00136a06_12.jpg

ng00136a06_10.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.

Botanical Bottle “Brachychiton”
サイズ:約 125×90×90 mm(ガラス標本瓶)
入り数:各約 56 個
総重量:約 538 g 、481g(ガラス標本瓶を含む)
採取地/原産国:日本(一部オーストラリア産含む)

名称:ブラキキトン
別名/俗称:炎の木、カラジョング、火焔樹
英語:Kurrajong、flame tree
学名:Brachychiton sp.

名称:ムクロジ
別名/俗称:無患子、ソープナッツ、リタ
英語:Soapberry 
学名:Sapindus mukurossi

名称:チャンチンモドキ
別名/俗称:カナメノキ、ラプシー、ロプシー、五眼龍菩提樹
英語:Lapsi fruit、Nepalese hog plum
学名:Choerospondias axillaris

名称:ワタ(綿花のワタ殻)
別名/俗称:綿、綿花
英語:cotton plant
学名:Gossypium arboreum L.

名称:オニグルミ
別名/俗称:鬼胡桃、和くるみ
英語:Japanese walnut
学名:Juglans mandshurica subsp. Sieboldiana

名称:ノグルミ
別名/俗称/和名:キツネのカミスキ、サルのクシ
英語:Platycarya、 Platycarya strobilacea  
学名:Platycarya strobilacea

名称:クチナシ
別名/俗称/和名:梔子、巵子、支子、山梔子、センプク、ガーデニア
英語:Common gardenia
学名:Gardenia jasminoides

名称:ツバキ
別名/俗称:椿、ヤブツバキ(藪椿)、ヤマツバキ
英語:Camellia、Camellia japonica
学名:Camellia japonica

名称:ヒマラヤスギ(シダローズ)
別名/俗称:ヒマラヤシーダー、デオドラモミ、インドスギ
英語:Himalayan Cedar 
学名:Cedrus deodara

名称:セイヨウハシバミ
別名/俗称:ヘーゼルナッツ
英語:hazel、common hazel、European hazel
学名:Corylus avellana

名称:ヒノキ
別名/俗称:檜、桧、真木
英語:Japanese cypress、Hinoki cypress
学名:Chamaecyparis obtusa

名称:コウヤマキ 
別名/俗称/和名:高野槙、ホンマキ、フォレストローズ
英語:Japanese Umbrella-pine
学名:Sciadopitys verticillata

名称:モミジバフウ
別名/俗称/和名:アメリカフウ
英語:American Sweetgum 
学名:Liquidambar styraciflua

名称:ハナモモ(花桃)
別名/俗称/和名:花桃、
英語:Flowering peach trees、Hana peach、Peach tree
学名:Prunus persica

名称:カヤ
別名/俗称/和名:榧、ホンガヤ(本榧)、カエ、カヤノキ(榧の木)
英語:Japanese Torreya、Japanese nutmeg tree
学名:Torreya nucifera

名称:センダン
別名/俗称/和名:栴檀、オウチ(楝・樗)、アミノキ
英語:Chinaberry
学名:Melia azedarach

名称:ラクウショウ
別名/俗称:落羽松、ヌマスギ
英語:Bald cypress、Swamp cypress
学名:Taxodium distichum

名称:セコイアスギ
別名/俗称/和名:イチイモドキ、セコイアメスギ、レッドウッド
英語:Coast Redwood  
学名:Sequoia sempervirens

名称:メタセコイア
別名/俗称/和名:アケボノスギ
英語:Metasequoia  
学名:Metasequoia glyptostroboides

名称:スギ(杉)
別名/俗称:椙(国字)オモテスギ
英語:Japanese cedar
学名:Cryptomeria japonica

名称:コウヨウザン
別名/俗称/和名:広葉杉
英語:China fir
学名:Cunninghamia lanceolata

名称:アカマツ(赤松)
別名/俗称:メマツ(雌松)、オンナマツ(女松)
英語:Japanese Red Pine
学名:Pinus densiflora Sieb. & Zucc.

名称:ハンカチノキ 
別名/俗称:ハンカチの木、幽霊の木、鳩の木、ダビディア
英語:Dove tree、Davidiaceae  
学名:Davidia ivolucrata、Davidia involucrata Baill

名称:ユリノキ 
別名/俗称/和名:ハンテンボク(半纏木)、チューリップツリー
英語:American tulip tree
学名:Liriodendron tulipifera

名称:スズカケノキ(プラタナス)
別名/俗称/和名:鈴懸の木、篠懸の木
英語:Oriental Plane、Oriental planetree
学名:Platanus orientalis

名称:オオバヤシャブシ
別名/俗称/和名:大葉夜叉五倍子
英語:Alnus firma  
学名:Alnus sieboldiana

名称:クヌギ(殻斗付き)
別名/俗称/和名:櫟、椚、ツルバミ(橡)、クノギ
英語:Sawtooth Oak
学名:Quercus acutissima

名称:マテバシイ
別名/俗称:全手葉椎、馬刀葉椎、サツマジイ、トウジイ、マタジイ
英語:Japanese false oak、Japanese stone oak
学名:Lithocarpus edulis

名称:スダジイ
別名/俗称:イタジイ、ナガジイ、シイノキ
英語:Suda-jii
学名:Castanopsis sieboldii

名称:コナラ
別名/俗称:小楢、ハハソ、ホウソ
英語:
学名:Quercus serrata

名称:ユーカリ(実:3種、葉:2種)
(ユーカリは、フトモモ科 ユーカリ属の総称) 
別名/俗称:ガムツリー、ユーカリの木、ユーカリ樹
英名:Eucalyptus、Eucaly
学名:Eucalyptus


Natural Gallery Official shop
http://ngallery.theshop.jp/


posted by NG at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Nuts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

Nuts Bottle NG00125A06

【Nuts Bottle NG00125A06】
ng00125a06_04.jpg

ng00125a06_01.jpg

ng00125a06_02.jpg

ng00125a06_03.jpg

ng00125a06_08.jpg

ng00125a06_09.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.

Nuts Bottle NG00125A06
サイズ:約 125×90×90 mm(ガラス標本瓶)
入り数:約 124 個
総重量:約 345 g(ガラス標本瓶を含む)
採取地/原産国:日本(一部オーストラリア産含む)

名称:フラーレンコーン(モミジバフウ)
別名/俗称/和名:アメリカフウ、フラーレンコーン
学名:Liquidambar styraciflua
分類:マンサク科 フウ属  

名称:クロマツ(黒松)
別名/俗称:オマツ(雄松)、オトコマツ(男松)
学名:Pinus thunbergii
分類:マツ科 マツ属

名称:スギ(杉)
別名/俗称:椙(国字)オモテスギ
学名:Cryptomeria japonica
分類:ヒノキ科(スギ科) スギ属 

名称:チャノキ(茶の木)
別名/俗称:茶樹、茶
学名:Camellia sinensis
分類:ツバキ科 ツバキ属

名称:ハナモモ(花桃)
別名/俗称/和名:花桃、
学名:Prunus persica
分類:バラ科 サクラ属

名称:カヤ
別名/俗称/和名:榧、ホンガヤ(本榧)、カヤノキ(榧の木)
学名:Torreya nucifera
分類:イチイ科 カヤ属

名称:ホソイトスギ(細糸杉)
別名/俗称:イタリアンサイプレス、セイヨウヒノキ
学名:Cupressus sempervirens
分類:ヒノキ科 イトスギ属

名称:シナアブラギリ
別名/俗称:オオアブラギリ
学名:Aleurites fordii
分類:トウダイグサ科 アブラギリ属

名称:セイヨウハシバミ
別名/俗称:ヘーゼルナッツ
学名:Corylus avellana
分類:カバノキ科 ハシバミ属

名称:オシロイバナ
別名/俗称:白粉花
学名:Mirabilis jalapa
分類:オシロイバナ科オシロイバナ属

名称:ヒマラヤスギ
別名/俗称:ヒマラヤシーダー、デオドラモミ、シダローズ
学名:Cedrus deodara
分類:マツ科 ヒマラヤスギ属

名称:キリ(桐)
別名/俗称:白桐、泡桐、榮
学名:Paulownia tomentosa
分類:キリ科キリ属
分類:ゴマノハグサ科キリ属、ノウゼンカズラ科キリ属

名称:ユーカリの実(5種)
名称:ユーカリ(ユーカリは、フトモモ科 ユーカリ属の総称) 
別名/俗称:ガムツリー、ユーカリの木、ユーカリ樹
学名:Eucalyptus
分類:フトモモ科 ユーカリ属

名称:オニドコロ
別名/俗称:鬼野老、トコロ(野老)
学名:Dioscorea tokoro (Makino)
分類:ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
原産/分布:日本、朝鮮半島、中国に分布

Natural Gallery Official shop
http://ngallery.theshop.jp/


posted by NG at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Nuts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする