2017年07月01日

ロイコトリコフォラガシの発芽

【ロイコトリコフォラガシ】

Quercus leuchotrichophora germinated.
英名:Banjh oak
学名:Quercus leuchotrichophora A.Camus
原産/分布:ヒマラヤ、ネパール、タイ、インドネシアの山地に分布。

日本ではかなりの希少種であるロイコトリコフォラガシが発芽しました。
それぞれ発芽時期に差があるので成長具合も違います。
B株は水栽培で発根後、土の中に戻す時に何回か向きを変えてしまったせいか、
ドングリが上下を見失い、結局、3本も芽が出てきてしまいました。

以後、成長記録を随時下記にて更新します。

------------------------------------------
2017.6.29/C株
leuchotrichophora14.jpg

2017.6.29/A株
leuchotrichophora13.jpg

2017.6.6/B株
leuchotrichophora12.jpg

2017.5.27/A株
leuchotrichophora10.jpg

leuchotrichophora11.jpg

2017.5.23/A株
leuchotrichophora08.jpg

2017.5.23/B株
leuchotrichophora09.jpg

2017.5.15/B株
leuchotrichophora07.jpg

2017.4.27/A株
leuchotrichophora06.jpg

2017.3.23
leuchotrichophora00.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.


Natural Gallery Official Shop
http://ngallery.theshop.jp/

Instagram
http://instagram.com/naturalgalleryofficial/
posted by NG at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | acorn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

ウンカリナ・グランディディエリ

【ウンカリナ・グランディディエリ】
Uncarina grandidieri germinated.

品種名:ウンカリナ・グランディディエリ
別名:ウンカリナ、シャンプーの木、Succulent Sesame、ライオン殺しの木
学名:Uncarina grandidieri Stapf
科名:ゴマ科ウンカリナ属
原産地:マダガスカル

マダガスカル原産の塊根植物のウンカリナ・グランディディエリ。
トゲのある実が有名で別名「ライオン殺しの木」とも呼ばれます。
また、葉から出る粘液をシャンプー代わりにすることからシャンプーの木とも呼ばれています。なかなか実を手に入れにくいこともあり、種子を購入して育ててみることにしました。
種子の状態がよく、早速発芽しました。
以後、成長記録を随時下記にて更新します。

------------------------------------------
2017.7.13
uncarina_06.jpg
高さ8cm、幅10cmほどに成長しました。

2017.6.13
uncarina_05.jpg
本葉が出てきました。

2017.6.5
uncarina_04.jpg

2017.6.2
uncarina_03.jpg

2017.5.30
uncarina_02.jpg

2017.5.23
uncarina_01.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.


Natural Gallery Official Shop
http://ngallery.theshop.jp/

Instagram
http://instagram.com/naturalgalleryofficial/
posted by NG at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | plants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ブラキキトン・ポプルネウス

【ブラキキトン・ポプルネウス】
Brachychiton populneus germinated.

品種名:ブラキキトン・ポプルネウス
別名:炎の木、カラジョング、火焔樹
英名:Kurrajong、flame tree
学名:Brachychiton populneus
科名:アオギリ科ブラキキトン属
原産地:オーストラリア東部

ブラキキトン属はアオギリ科の樹木で、オーストラリアに30種、ニューギニアに1種が分布するとされています。
Kurrajongと呼ばれるものはいくつもありますが、その代表的なのが「Brachychiton populneus」(ブラキキトン・ポプルネウス)で、オーストラリア東部原産。
Kurrajongとは、現産地でもあるシドニー郊外の言葉、ダールック語からきていて、「釣り糸」という意味だそう。樹皮などから採れる繊維を釣り糸として使っていたことに由来するそうです。釣り糸のほか、編み物の材料にも使われたそうです。樹高は10mほどで、葉には切れ込みのない披針形〜卵形。長さ10cmほどの実は、他の種でもそうですが、莢(さや)の内側に短い毛が生えており、黄色っぽい種子が並んでいます。この種の種子はコーヒーの代用にもなるそうです。
以後、成長記録を随時下記にて更新します。

------------------------------------------
2017.7.13(B株)
brachychiton05.jpg
A株、B株ともに高さ15cmほどになりました。

2017.5.29(A株)
brachychiton01.jpg

2017.5.26(A株)
brachychiton02.jpg

2017.5.20(A株)
brachychiton03.jpg

ブラキキトン・ポプルネウス
brachychiton04.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.


Natural Gallery Official Shop
http://ngallery.theshop.jp/

Instagram
http://instagram.com/naturalgalleryofficial/
posted by NG at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | plants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

クログルミの発芽

【クログルミ】
Black Walnut(Juglance nigra) germinated.

品種名:クログルミ
別名:クロクルミ、イースタンブラックウォルナット、黒胡桃
英名:Black Walnut、American Walnut
学名:Juglance nigra
科名:クルミ科 クルミ属
原産地:北アメリカ中東部

ついに本命のクログルミが発芽しました。
昨年秋に果肉をとったものを保湿しながら冷蔵庫で3ヶ月保存。
その後、一日水に浸けたあと土の中へ、2ヶ月強で発芽しました。
今回の発芽率は25%でした。
以後、成長記録を随時下記にて更新します。

------------------------------------------
2017.5.29(A株)
blackwalnut14.jpg

blackwalnut15.jpg
比較的成長が早く、3週間で30cmほどになりました。

2017.5.20(B株)
blackwalnut12.jpg
そしてもう1つ発芽しました。
固い殻が見事に二つに割れて、その間から芽を出していました。

2017.5.15(A株)
blackwalnut08.jpg

blackwalnut07.jpg
葉も少しずつはっきりしてきて、長さ16cmほどに成長しました。

2017.5.11(A株)
blackwalnut06.jpg

2017.5.10(A株)
blackwalnut01.jpg

blackwalnut02.jpg

クログルミ
blackwalnut05.jpg

blackwalnut04.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.


Natural Gallery Official Shop
http://ngallery.theshop.jp/

Instagram
http://instagram.com/naturalgalleryofficial/
posted by NG at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | plants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

パキポディウム・グラキリス

【パキポディウム】
Pachypodium rosulatum var. gracilius
パキポディウム・ロスラーツム・グラキリス
Pachypodium rosulatum
パキポディウム・ロスラーツム・基本種

遅ればせながら、パキポディウムの種子を2種類取り寄せて播種してみました。
こちらも無事発芽できたら、随時成長も書く予定です。

------------------------------------------
2017.7.13(グラキリス種)
pachypodium_rosulatum_gracilius15.jpg
根元がいい感じです。

2017.6.29(グラキリス種)
pachypodium_rosulatum_gracilius14.jpg
長さはあまり変わりませんが、葉が増えて、ほとんどが根元が太くなってきました。

2017.5.30(グラキリス種)
pachypodium_rosulatum_gracilius12.jpg

pachypodium_rosulatum_gracilius13.jpg
約1ヶ月かかって小さな本葉が出てきました。

2017.5.6(グラキリス種)
pachypodium_rosulatum_gracilius06.jpg
こんな小さな時から、すでにあの形をなしている。

2017.4.29(グラキリス種)
pachypodium_rosulatum_gracilius05.jpg
10日目にして、そろって6粒ほど発芽しました!
ロスラーツム基本種の方は未だ反応なしです。
今更ながら、種を播き、発芽して、新芽が出てくる様子にハマっている。

2017.4.18(ロスラーツム基本種、グラキリス種)
pachypodium_rosulatum_gracilius02.jpg

播種
pachypodium_rosulatum_gracilius03.jpg
数時間水に浸してから、そのまま植え替えられるという「そのまま植えられる鉢」に市販の種まき土を使い、ほとんど播く程度の少し土がかかる程度で播種。

グラキリス種
pachypodium_rosulatum_gracilius01.jpg

ロスラーツム基本種
pachypodium_rosulatum01.jpg
※ Natural Gallery All rights reserved.


Natural Gallery Official Shop
http://ngallery.theshop.jp/

Instagram
http://instagram.com/naturalgalleryofficial/
posted by NG at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | plants | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。