2015年05月15日

Seed mania bottle “Eucalyptus”

【Seed mania bottle “Eucalyptus”】

ng00101a01_02.jpg

ng00101a01_03.jpg

ng00101a01_04.jpg

ng00101a01_08.jpg

ng00101a01_07.jpg

ng00101a01_01.jpg

ng00101a01_05.jpg

ng00101a01_09.jpg
(参考画像:ユーカリの花)

ng00101a01_10.jpg
(参考画像:ユーカリの幹)
※ Natural Gallery All rights reserved.


Seed mania bottle “Eucalyptus”
(シード・マニア・ボトル/ユーカリの標本瓶)
付属:「標本ラベル」入り
サイズ:ガラス瓶:約 120×30×30 mm(コルク栓付き)
入り数:約 10 〜 12 房(ユーカリの葉/押し葉:1枚)
総重量:約 55 g
原産国:日本

名称:ユーカリ(ユーカリは、フトモモ科 ユーカリ属の総称) 
別名/俗称:ガムツリー、ユーカリの木、ユーカリ樹
英語:Eucalyptus
学名:Eucalyptus
分類:フトモモ科 ユーカリ属
原産/分布:オーストラリア(南東部、南西部、タスマニア島)ニュージーランド、マレーシア、南アフリカなど

新シリーズ「シード・マニア・ボトル」の「ユーカリの標本瓶」です。
珍しい種子などを中心に、理化学ボトルの老舗ブランドのIWAKIの試験管に入ったインテリアやコレクションとして楽しんでもらうためのボタニカル・ボトル。
ボタニカルなインテリアとして、またはお友達やお子様へのちょっと変わったプレゼントとしても面白いと思います。
このユーカリのほか、絶滅危惧種のチャンチンモドキやジョオウヤシなど、たくさんの木の実を紹介していきます。これまでお問合せの多かった、木の実をどうやって飾るかを迷っていた方にもおススメな標本瓶です。

ユーカリはフトモモ科 ユーカリ属の総称で、その種類は600種類を超え、変種を含めると1000種になるともいわれ、ここで使用しているユーカリもあえて正確に同定(品種を特定)することはしていませんが、付属している標本ラベルには、採取日、採取地などを記載しています。この日本産のユーカリは、当初コアラの食用として栽培されましたが、コアラは好みが難しく、現在は使用されていないそうです。

多くは常緑高木で、成長がとても早く、高さ約70〜100mにもなりますが、中には、高さ数m程度にしかならない種類もあります。樹形は、幹がまっすぐ高く伸びるものから、地面を這うように横に伸びるもの、くねくねと曲がったりねじれたりしているものなど様々。葉の形も細長いものから、花屋さんなどでよくみかける丸いものまであり、若い枝だけが葉が丸くなるものもあります。無論、その実も多種多様。

花のつぼみはガクと花弁がくっついて蓋をしたような形になっており、その蓋の部分が落ちると、白や赤などの鮮やかな花が咲きます。大きさは種類によりますが、花びらはなく、一本のめしべとそれを囲むたくさんのおしべからできている特徴的な花です。そしてその花の受け皿になっているさやの部分(根元の部分)にたくさんの種がなります。主にユーカリの実とされているのはこのさやの部分です。

オーストラリアでおこる「ブッシュファイアー」と呼ばれる山火事では、ユーカリの葉に含む油分が揮発するためにあっというまに火の手がまわってしまうそうです。ユーカリの木は、火事で葉が焼け落ち、幹が丸焦げになってもそこから新芽を出し、再生する生命力をもっています。
また、その葉に含まれる油分を抽出したユーカリオイルは、殺菌作用や抗炎症作用、鎮咳や鎮痛・鎮静作用など、種類によって様々な効用があるとされ、医薬品や虫除けに使われたり、すーっとした香りでアロマオイルとして使われています。オーストラリアの先住民族、アボリジニも、傷を癒すためにユーカリの葉を使っていたということです。


Natural Gallery Official shop
http://ngallery.theshop.jp/



posted by NG at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Nuts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。